高い印象のある引越し費用はコツを掴めば下げられる

作業員

当日までに行うこと

男女

手続きや行うべきこと

引越しをするときにはいくつか行わなければならない手続きがあります。まずは新居の契約をすべて完了させることです。当たり前のことですが、新居がなければ引越しはできません。新居となる場所に入居者がいて、入れ違いで入る場合は、クリーニングや原状回復に多少時間がかかります。それを見据えて入居日を設定しているはずですので問題はありませんが、確実に入居日が決まってから引越し業者を手配したほうが得策です。引越し当日までに行わなくてはならない準備としてはまず荷造りです。業者によっては梱包サービスなどを実施しているケースもありますが、多くの場合、大型家具や家電以外は自分で梱包します。業者から段ボールを頂いたり、スーパーなどから無料で譲ってもらったりして段ボールを確保しましょう。割れ物などには注意してください。引越しの準備は荷造りだけではありません。準備の中に手続きしなければならない事柄があります。それは転出届の手続きを役所へしにいくことです。転出届の手続きから転入先の役所へ転出届を出すまでには期間が決められているので忘れないようにしましょう。水道やガス、電気については元栓を閉めたりブレーカーを落とすだけでOKな場合もありますし、住居によってはアパートやマンションで一括になっている可能性があるのでまずは確認しておいてください。また、新居では水道と電気はすぐに利用できますが、ガスのみ開栓の立ち合いが必要なので事前に業者に連絡をして準備しておいたほうが安心です。